広報委員長 のすべての投稿

地域発信委員会視察事業「行ってみよう!学んでみよう!」

昨今、日本全国でふるさと回帰が問われ全国の自治体や地域が人の流れを掴もうとしのぎを削っています。前回入善で行った6月事業での意見の多くは、いかに地元に人を呼び込み賑わいをつくるか、その手法は何が良いのかといったものでした。

そこで、今回11月19日にメンバー22名で、全国の地方・地域から多くの誘致事例が集まり、実際に首都圏からに移住や、Uターン、Jターン、Iターンを支援する「NPO法人ふるさと回帰支援センター」(東京都千代田区)を訪問し、各地の誘致事業や成功例、失敗例などを聞き。実際に選ばれる地域になるための考え方や活動例を学びに行きました。

支援センターでは各地域ごとブースがあり、担当者が企業とのマッチングや、住み場所などの紹介をしていました。そこで知ったことは、近年では若者のIターン者が増加の傾向にあり、支援センターを訪れる約6割がそれにあたるとのことでした。また、私たちの魚津市に限っては、市の情報が少なく、もっと情報を寄せて欲しいと、職員の方からの声もありました。

市や商工会議所、そして私たちが、もっと支援センターとの連携をとることができれば、よりたくさんの方に魚津市を注目してもらえると感じました。

第13回 魚津産業フェア「まるまる魚津」出店

10月14日から15日に開催された、第13回魚津産業フェア「まるまる魚津」に昨年に引き続き、魚津商工会議所青年部として出店しました。

今年は、しんきろう鍋をはじめ、豚肉の鉄板焼きや生ビールの販売を行いました。

合わせて「吟醸じゃんと恋魚津」の販売も行い、大いに当会のPRをすることが出来ました。

両日ともに多くの人で賑わい、大盛況となりました。

第2回例会 Trick or Treat 〜家族への感謝〜

今年はハロウィンパーティー‼︎

10月21日に「第2回家族例会Trick or Treat〜家族への感謝〜」をミラージュランドにて行いました。

今回の家族例会は例年のクリスマス例会とは趣向を変えて、ハロウィンパーティースタイルとし、参加者には自由に仮装して頂きました。

参加者全員がそれぞれ思い思いに仮装に身を包み、想像以上に完成度が高く盛り上がりの一助となりました。

アニメやUSキャラクターなど幅広いジャンルの仮装をしながら、ミラージュランドの遊具を楽しみ、またビンゴ大会では、豪快賞品獲得を目指して、大いに盛り上がりました。

魚津市内各店舗の自慢の料理を堪能し、最後には「Trick or Treat」の掛け声で打ち上げ花火を打ち上げました。

本事業を通じて、会員並びに会員家族が深く交流でき、盛大なうちに終了することができました。

第1回臨時総会

9月29日にスカイホテル魚津において、第1回臨時総会が行われ、次期2018年度会長として、小林正伸君が承認されました。「先輩からのご指導もいただきながら、新人と若手のボトムアップをしていきたい。そして青年部らしく綱領や指針に基づいた事業を進めていきたい。」と力強い挨拶がありました。

本年度もまだ事業が続きますが、みなさまには次年度もさらなるご指導ご鞭撻お願いします。

コネクトだよ!シーズンⅡ

9月24日(日)に片貝小学校体育館にて、会員拡大交流委員会の事業「コネクトだよシーズンⅡ」開催されました。

普段はなかなか交流する機会が少ない地元の他団体青年団体をお招きして、「エアーボール」と「キンボール」という新しいスポーツ/ニュースポーツを行いました。

自らが住み暮らす地域の発展という同じ志を持つ他団体との交流によって、今後のお互いの活動が活発に推進されることを目的として開催しました。

今回は、新川青年会議所、魚津市役所職員組合青年部、からご参加いただき、総勢56名でのスポーツ大会となりました。 うおづスポラ様と魚津スポーツ推進協議会様にニュースポーツのインストラクターをしていただき、新しいスポーツを「競う」より「交流」に重点をおき、各団体混ぜてのチーム編成で楽しみました。

夜からの懇親会では、魚津法人会青年部様も合流され、互いに親睦をふかめることが出来ました。そしてこれからも引き続き互いに交流してくことを約束して、大変有意義な時間を過ごしました。

第37回北陸信越ブロック大会 燕大会

9月15日、16日、17日に「第37回北陸信越ブロック大会 燕大会」が新潟県の燕YEGの主幹にて、燕市で開催されました。

魚津YEGからは20名で参加してまいりました。記念式典では、全国からYEGメンバーが集い、そして、燕YEGの意気込みと熱意を式典を通して感じていました。

そして、4つの分科会では、燕市のものづくりの力、農業、食、文化といった魅力を、情熱をもって紹介されておりました。そして熱烈の歓迎をもって、全国のYEGメンバーを楽しませてくれました。

特にものづくりにおいては、地域が力を合わせ一つのものに取り組むことが出来る風土を感じることが出来ました。

大懇親会では、新潟県の美味しい食事をたくさんいただき、他単会YEGメンバーとも交流を図ることが出来ました。

第48回 じゃんとこい魚津まつり せりこみ蝶六踊り 街流し

• 8月4日から6日の3日間、第48回じゃんとこい魚津まつりが盛大に開催されました。今年度はユネスコ無形文化遺産に登録された最初の年ということもあり、たいへんな賑わいとなりました。我々、魚津商工会議所青年部(魚津YEG)は「 せりこみ蝶六踊り街流し」に女性会と共に今年も参加しました。『はねそ』に初挑戦したメンバーもいて、練習会でメンバー同士教えあうことにより親睦を深める事が出来たと思います。当日は雨上がりということもあり、蒸し暑さで汗びっしょりになりましたが楽しさや笑顔と元気さをPRできたと思います。 踊りの後は、下田温泉にて汗を流し、懇親を深めました。

第1回講師例会

 

7月21日に新川文化ホールの201号室にて、若手後継者等育成事業 第1回例会「生まれ育んでくれた地域に感謝~山瀬孝流地域マネジメント」が行われました。

市内外から多数の方が来場くださいまして、参加者は80名程で、ほぼ満員の大盛況でした。

講師の㈱ジェック経営コンサルタント代表取締役社長の山瀬孝氏は魚津市出身で、国内だけでなく、海外でも活躍をされております。その事業事例をもとに、地域をマネジメントする上で「地域を愛すること」が大切であると、分かりやすく魚津弁を交えながらご講演していただきました。

ありそうみサービスエリア(上り)の運営や、魚津駅にあるミラマルシェも、講師の会社が手掛けたお店であり、ユーモアを交えながら、裏話もお話しくださいました。

お店単位から、会社、そして地域へと人が活き活きできることを真剣に考えている会社であり社長でした。

山瀬社長は、日頃より国内外を飛び回られる一方、週末には、朝早くから地元魚津市の地域の草刈りなどにも参加される、とても気さくで、親近感のわく方でした。

そのような暖かい人柄もあり、会場は終始笑いに包まれながらも、時には真剣に聞き入る場面もある、とても充実した講演となりました。

ほたるの集落開放!

 

毎年恒例の魚津YEG行事となりました、「ほたるの集落開放」がミラージュランドの池で行われました。

小雨が降ったりと、あまり天候も良くありませんでしたが、初日は約120名、2日目は、8時過ぎには雨で中止になりましたが、約60名と多くの方々が、蛍を見に来ていました。

あちらこちらで「あっ!光った!」と声が聞こえ、見れる時間は限られていましたが、多くの蛍を見ることが出来ました。

この活動は今年で11年目で、魚津YEGがミラージュランドの池を整備して蛍を見れるようにしよう、そして市民に楽しんでもらいたいという思いから始まった事業です。

富山県連YEG 会員交流事業

7月9日に富山県連YEG会員交流事業「ミステリーバスツアー」が開催されました。

今年は恒例のバーベキューから設えを変えて4組に分かれてのバスツアーとなりました。当日コースがくじ引き形式となり誰がどこへ行くのかわからないままスタートするというまさにミステリーツアーの雰囲気でツアーが始まりました。

各ツアーの開催地域を体感してみると、県連委員会のみなさんが趣向を凝らした内容で各々のツアーに楽しみを感じることができました。

また今回呉西地区4コース(砺波・高岡・氷見・射水)での開催ということもあり、県西部の魅力満載のすばらしいツアー内容でした。地元の方でも知らなかった情報があったという話を聞く中で、魚津にもまだまだ隠れた魅力があるのではないかと考えさせられるいい機会となりました。